ルーレットの遊び方いろいろ!

ルーレットの遊び方について

バリエーション豊富な賭け方

オンラインカジノでは様々なゲームを揃えていますが、その中でも比較的敷居が低いのがルーレットです。

ルーレットは数字が書いてあり、色分けしてある円盤を回転させ、小さな玉を投げ入れてどこに落ちるか予測するのが特徴です。カジノで遊べるゲームの中でも代表的な存在となっています。オンラインカジノのため画面を通してプレーする形となりますが、ルールは全く同じなので問題ないです。

ルーレットは大まかにアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットに分かれます。ルーレットの数字は0から36までありますが、アメリカンルーレットでは0と00と二つあります。それに対してヨーロピアンルーレットでは0が一つだけと言う違いがあります。この0の部分がオンラインカジノ側の収益となっています。

ルーレットで赤と黒どちらかに賭けた場合、勝率は50%ではと思われるでしょうが実際にはこの0があるために50%を割り込んでいます。ヨーロピアンルーレットでは0から36まで合計37の数字があります。アメリカンルーレットでは0と00から36まで合計38の数字と一つ多いです。ヨーロピアンルーレットで赤と黒どちらかに賭けた時の勝率は18÷37×100=約48.64%となる計算です。これがアメリカンルーレットになると18÷38×100=約47.36%と若干低くなります。この勝率を還元率に直すとヨーロピアンルーレットで約97.3%、アメリカンルーレットで約94.7%です。これはヨーロピアンルーレットで100ドル賭けたら約97.3ドル戻ってくる、アメリカンルーレットで約94.7ドル戻ってくる事になります。

約97.3%と約94.7%では大した差ではないように見えますが、わずかな差でもゲーム回数が多くなると差が広がってきます。そのため0が一つのヨーロピアンルーレットを採用しているオンラインカジノを選んでプレーしたいところです。

ルーレットの賭け方は大まかにインサイドベットとアウトサイドベットに分かれます。インサイドベットでは1から36までの数字に賭けると言う特徴があります。基本的にルーレットでは的中する確率の低い賭け方ほど高配当となります。

ストレートアップでは1から36まで一つの数字に賭けると言う賭け方で、的中する確率が低いために36倍と言う高配当になっています。スプリットベットでは隣り合う2つの数字に賭けると言う賭け方です。数字が二つあるためストレートアップより的中する確率が高く配当も低いですが、それでも18倍もあります。

ストリートベットではタテ1列にある三つの数字に賭けると言う賭け方です。数字が多いためにさらに的中させやすいですが、その代わりに12倍と配当が下がります。コーナーベットでは隣り合う四つの数字に賭ける賭け方です。インサイドベットより的中確率は4倍となりますが、配当も4分の1である9倍となります。

ダブルストリートベットはタテ2列にある六つの数字に賭ける賭け方です。この中では一番的中確率が高いですが配当も6倍と一番低くなります。この他にも0や00を入れた賭け方も行えます。

アウトサイドベットは数字以外のエリアに賭けると言う特徴があります。ダズンベットでは1から12、13から24、25から36と12の数字に賭ける賭け方となっています。1から12に賭けた場合、その数字に玉が落ちれば的中です。的中確率が高いですが配当は3倍となります。カラムベットではヨコ一列にある12の数字に賭ける賭け方です。ダズンベットと同じ数の数字のため配当も3倍と同じとなっています。カラーは赤または黒に賭けると言う賭け方で初心者の方でも分かり易いです。配当はその代わりに2倍と低くなります。オッドイーブンと言う奇数または偶数に賭ける賭け方、ハイローと言う1から18まで、19から36に賭ける賭け方も配当2倍です。プレイヤーによってはインサイドベッドのみ、アウトサイドベットのみ、インサイドベッドとアウトサイドベット併用と言った賭け方を行っています。

赤または黒、奇数または偶数と言った賭け方は先ほど述べたように0または00があるため勝率50%とはならないです。そのため適当に選んで賭けていたのでは、たまたま勝ち続ける事はあっても長い目で見ると少しずつ損が増えてしまいます。

0または00を考えなければ勝率50%と言う賭け方にはいろいろな戦略があります。特に有名なのがマーチンゲール法と言う戦略です。マーチンゲール法は単純に言うと賭けに負けた時は次回の賭け金を2倍に増やすと言う方法です。賭けに勝った時は最初の賭け金に戻します。例えば1ドルから始めた場合、負けた時は2ドル、3連敗した時は4ドル、4連敗した時は8ドルと増やしていきます。連敗しても一度勝てば今までの損を取り戻せると言うメリットがあります。計算上では10連敗する確率は0.10%、1000回に1回となります。確率的には10連敗する事は殆ど無いのですが、もし10連敗すると賭け金は512ドルになってしまいます。連敗が続くとそのうち資金的に限界が来ると言うデメリットがあるのです。さらに実際には0または00があるため、計算よりも低くなる点にも注意が必要です。

その他にもいろいろな戦略があるため、自分のスタイルに合ったものを選ぶと良いです。

gotoTop