ネットカジノが違法と言われないための取り組み

ネットカジノは、カジノという響きから、日本では違法と思われがちです。
しかし、実際は運営側のさまざまな努力や工夫によって違法というレッテルを貼られないような活動を行っています。

今回、このネットカジノが違法といわれない理由について紹介し、まとめました。
これを読むことでネットカジノがいかに違法といわれないように苦慮しているかがわかるのではないでしょうか。
それでは紹介していきましょう。

違法といわれないためにライセンスを取得している

違法といわれないためにライセンスを取得している
まず、ネットカジノが違法といわれないために行っていることがライセンスの取得です。
このライセンスは、世界各地の自治政府や政府がネットカジノの運営を許可する内容のもので、当然審査を受けて認められたネットカジノのみがこのライセンスを受けることができます。
ライセンスを受けるためには、現地にオフィスを構えている必要があり、ネットカジノは本部がイギリスなどのヨーロッパであったとしても子会社をネットカジノの運営会社にしてマルタ共和国などライセンスを発行している国に拠点を置くなどの努力をしています。

ライセンスを発行する国自体も海外にオフィスを構える企業にライセンスを発行するのが難しいからです。
こういった努力だけでライセンスを持つことはできません。
運営の透明性なども調査され、財務状況も評価されることもあります。
そのため安定した運営ができそうなネットカジノしかライセンスが与えられない仕組みになっています。

加えて、ライセンスは持つだけでなく、維持することも重要です。
これらネットカジノのライセンスは、更新制となっており、定期的に審査を受けて認定を与えられる必要があります。
加えて、この更新にかかる費用が高額であり、ある程度運営が安定していないとライセンスを維持することすら許されません。
このようにライセンスを発行してくれる国にオフィスを移したり、ライセンスの更新を行うために高額な更新料を払ったり、ライセンス認定に見合うだけの運営を行う必要があったりと、かなりの労力が必要となるのです。

ネットカジノが違法といわれないためにライセンスを取得しているのが一般的になった昨今、その裏ではライセンスの取得や維持に多大な努力がされているのです。

違法にならないためのマネーロンダリング予防

違法にならないためのマネーロンダリング予防
ネットカジノが違法にならないためには、反社会的勢力などのマネーロンダリングを予防する必要があります。
このマネーロンダリングの予防として行われているのが、身元証明です。
運転免許証やパスポート、住民票など高度な身元証明の書類の提示を求められます。
これらの書類を管理保管し、仮に犯罪者が利用していた場合、現地の警察の求めなどに応じて捜査に協力できるような体制になっているといえます。
こういった違法な資金のやり取りを予防するためにネットカジノは努力を払ってもいるのです。

違法なゲームが提供されないようにしている

ネットカジノは、違法なイカサマゲームを提供しないように第三者機関によって監査を受けている場合が多くあります。
それらの第三者機関は主なものとして3つあり、それらはイーコグラ、TST、GLIです。
違法なゲームが提供されないようにしている

イーコグラ(eCogra)はオンラインカジノのサービス全体が信頼できるかを調査し、安全で公平なサービスを提供しているかを審査している非営利組織とされています。
正式名称は eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance(eコマースおよびオンラインゲームの規制と保証)というイギリスの組織です。
商取引以外にもオンラインカジノなどのオンラインゲームの公平さなどを評価しています。
例えば、還元率や乱数発生器(ランダムに数字やゲームの結果が出るプログラム)が青樹に行われているかといったゲームの機能面やカジノの出金が正常かといった表かも行っています。
また、認定したネットカジノや特定のゲームに関しては、救済を行ってくれる組織でもあり、何かあった場合英語ではありますが、保障も行っているのが特徴です。

TSTは、Technical Systems Testing(技術 システム 審査)はアメリカに本部を置く、特にカジノゲームの公平性に注目した審査を行っている団体です。
宝くじなど他のギャンブルの審査も行う等、ギャンブルに関する様々な審査を行っている検査機関で、先ほどの乱数発生機も積極的に審査しています。
第三者機関としては大手で、ネットカジノでも多くのカジノがこの組織によって審査を受けています。

GLIはGaming Laboratories International(国際ゲーム研究所)といって、カジノゲームの技術的な面を審査する機関です。
実際のカジノの審査も行っており、その規模の大きさから、先ほど紹介したTSTを傘下に置いています。
金銭のやり取りの公平性や乱数発生装置のテスト、自己規制のプログラムのチェックといった審査を行っています。

これらの団体に認定されて公平なゲームを提供しているのもネットカジノが違法といわれないようにしている取り組みです。

日本と関係のある人材を最小限にする

ネットカジノは、過去に日本人ディーラーを起用して、日本の警察に日本のサービスで違法という判断を下されたことがあります。
そういった反省から、ディーラーなどギャンブルに直接かかわるスタッフから日本語の話せる日本人を降板させ、サポートスタッフとして起用するようになりました。
ネットカジノは、あくまで海外のサービスという条件のもと、日本でもプレイできる状況のため、こういった違法と思われてしまうような人員配置をしないように苦慮してもいます。