オンラインカジノ戦略

オンラインカジノの勝利方程式

カジノゲームは検証をしてうまくなる

いま自宅でできるオンラインカジノは無料でプレイもできて、なじみやすくなっています。ネットカジノはますますサービスが充実してくるに違いありません。オンラインなら誰でも簡単に運営できるというわけではなく、運営開始には、厳しい審査を通らなくてはなりません。これは長い期間が必要で、審査量も必要。第三者機関による審査に通過すると、安全であるお墨付きをもらえます。なので、あなたが安心できるオンラインを探したいなら、運営許可をとっているか確認しましょう。

一攫千金を狙うときにはパチンコ感覚ではなく宝くじを買いにいくような感じで。 パチンコをするときは今月厳しくて、パチンコで勝つと楽になる・宝くじなら、もし当たったら何を買おうか。何が違うかと言えば、パチンコは勝つつもりでするのに対して、宝くじはどうせ負けても、大当たりするかもしれない感覚で挑んでます。パチンコ対宝くじ。どっちが依存しやすいでしょうか?大半の方がパチンコと答えるとおもいますが、勝つつもりで遊んでるのに対し、宝くじはどうせ当たらないと考えているからで、パチンコは辞めどきが難しく資金が尽きるまでつい遊んでしまったりします。実際貸金業法が整ってない数年前は、パチンコするため借金で首が回らなくなった人が続出していたのは記憶に新しい。逆に宝くじで首が回らない話はほとんどきいたことないです。よく巷で宝くじ還元率45%、パチンコ75%、オンラインカジノ還元率95%と言っていて、どちらかと言えばパチンコに近いのではと思ったりします。確かに還元率を見ればそう思ってしまいますが、数字の大きさだけではくらべられません。

ほとんどのオンラインではいろいろプロモーションが用意されていて、新規登録だけで30ドルもらえたり、初回入金額100%分ボーナスもらえたり色々魅力的なものが用意されています。ですが、出金するためには条件をクリアしなければなりませんが、それは各カジノによって様々。例にあげると、初回100ドル入金しボーナス100ドルもらえば、あるカジノはその額とボーナス額合計×18倍をかけてからでないと出金できない条件になってます。人によってそうした条件が発生するならボーナスをもらう必要がない人もいますが、それは半分正しく半分不正解。なぜなら戦略でボーナスをもらったり自体したりした方が合理的だから。一攫千金を狙うには、適正なかけ金でプレイし、プレイ回数を増やします。そのためボーナスをもらえるだけもらった方が圧倒的に有利で、集金のための条件は18倍の賭け金をプレイしたらかなり賞金が減ってしまうかもと思われますが、まったくそうではなく、勝っても負けても条件クリアにカウントされ、場合によってさらに資金が増えたりします。

出金条件クリアのコツに、ビデオスロット1~3ドル程度ベットし、あとは自動プレイでクリア。もし初心者なら、あなたが思ってる以上払い戻しの多さに驚くでしょう。投資、ギャンブルは一緒ではないですが、似ています。限られた資金をどうやって有効利用しプレイ回数を増やすか考えるのが大事。プレイ回数を増やすのみなら1回の掛け金をなるべく小さくすればいいと思われますが、そういうわけにいかなくて、一獲千金を狙うにはプログレッシブジャックポットを狙えるゲームは、最低賭け金が設定されてるから。プレイ回数を増やすには適正なポジションサイシングが大事で、これは自分の資金に対しいくら賭けるかで、投資では、多くの人がポジションサイシングが多すぎて失敗します。どうしてかと言えば、調子がいい時もっと書ければ稼げると思いこみ掛け金が大きくなります。逆に調子が悪いときでも挽回してやると思って、掛け金が大きくなり、どちらでも次は勝てると自分勝手な思い込みで、気持ちを抑えきれなくて賭け金を大きくしてしまいます。一回に賭ける額が多すぎると当然すぐに資金不足になり、適正なポジションサイシングはどれぐらいでしょうか?

カジノなら、最低掛け金が決まっていてプレイ予定のゲーム1プレイいくら書けるか決め、そのかけ金に軍資金をいくら用意するか。これは不調な時耐えられるだけの資金を用意することが大事。これから自分がやろうとしてるゲーム1プレイでいくら書けるかを決めて、その額の100倍軍資金を用意する、あるいは逆で自分が用意できた軍資金100分の1までしか1プレイでかけてないといった決め事を守ることが大事です。こうしたことがなかなかできないこともよく分かります。負けが込み、つい熱くなって一発逆転を狙ったりして、かっても負けても自分の都合のいいよう考え、掛け金が大きくなってしまいがち。その上賭け金は100倍と決めたので、自分の勘に頼ってもいい結果は期待できないと思ってください。投資世界はどうやって勝ち抜くかということについて世界中の頭のいい人が考え抜いていて、その中で生まれたノウハウが、検証と実践から生まれた根拠あることが生み出したルールを決めれば、ルールを厳守することだそうです。

gotoTop