カジノ法案に対する日本の未来

カジノ法案はこれからの未来を変える

経済効果の期待大

もしもブラックジャックを親しんでいたとしたら、ギャンブルで儲けられることもあります。スロットマシン、ルーレットはカジノでは1,2位を争う遊びです。カジノ法案の次期国会成立に向け、まさに国が取り組んでいる最中ですが、カジノ管轄省庁すら決まってない現状。この法案は複合型リゾートの整備陲寸のための法案であり、観光誘致に力を入れカジノ建設を段階的に進める予定です。

カジノ法案により各省庁の利権争い激化は間違いなく、激しいやりとりがあることだと思いますが、家事の施設はこうした利権がらみで、警察庁や経済産業省など色々な省庁の思惑が絡みようやく成立を目指すようです。カジノ施設は犯罪、マネーロンダリングの温床になっていて、警察庁の権限が強まることは明確。カジノ法案を歓迎する企業はパチスロ企業。カジノ法案を進めるカジノ議連からすると、こうした業界が支援をしていて、警察と交渉、立地条件確保など遊技場運営という意味で、パチンコ業界が最も長じています。また、日本は一兆円規模の市場があるので、大手カジノ資本が法案成立すると参入する予定であるそう。カジノ法案がどうなるのかはまだ分からないことがありますが、観光目的で取り扱うのならエンタメの視点も大事になります。

カジノ施設はパチンコの影響もあり日本人にあまりいいイメージがないことが問題で、すでにカジノ誘致は反対の声が上がっていて、政府は国民にメリットを周知させることを努力する必要があります。そして、法案は宿泊施設や遊園地など複合施設建設を目的にしていて、カジノ以外に宿泊、ショッピングに利用できますから、ブラックなイメージは余りつきません。法案目的に、複合リゾート整備推進目的で成立が急ピッチで行われ、この法案が成立することで地域経済活性化が期待されています。

またカジノに関してのノウハウが日本異業になく、そのノウハウを既に持っている外資が参加するのは必須で、ラスベガスなど有数カジノ施設を運営する企業が乗り上げていてカジノ法案成立を狙っています。そして東京は大阪が名乗り揚げ、他の都市も負けてはいません。カジノ法案は与野党協力で審議にあたっていて、総じて肯定的雰囲気の中審議されているので、通過は間違いありません。参入を狙う外資は欧米や朝鮮系も参入を狙い、大きな利権をめぐり激しやりとりがされることが予想できます。カジノ利権は大きな利権が動くことが予想されます。カジノ法案が審議入りしたことで、政治家へのメーカーの政治献金も激しくなっています。カジノ法案は与野党とも積極的で、難なく国会通過されることでしょう。これで成立すると候補地選びが始まれると予想でき、最有力地は東京オリンピックが決定しているお台場あたり。海外で多くの国でカジノ経営していて、日本は禁止されていますが、日本もカジノ運営を合法化しようといった動きが出てきています。

カジノの経済効果はとても大きく捨てて置けない状況に差し掛かっていて、日本の経済状況はとても悪化していて、消費税率が上昇してますが、継続的上昇が続き、生活はどんどん追いやられています。消費税増税のデメリットはすべての公民に同じ負担がかかる点。ですが、カジノなら、富裕層が主客層ですから、そこから金銭を収入で得やすいです。カジノ経済効果の良いところは、金銭余裕がなければ入場もないでしょうから、収入がとても大きくなります。家事の経済効果は、周辺国への波及効果が期待されていて、韓国国内に有数のカジノ施設があり、日本はノウハウもないころで、近場にある韓国へ出かける方が多いです。しかし、カジノが日本にできれば、その利用者の多くが韓国へ行くことがなくなり、韓国は大打撃を迎えることでしょう。

カジノ経済効果は、税収で徴収でき、借金を積み重ねる日本はカジノによる税収により税収アップを期待できます。東京五輪誘致がうまくいったことでカジノ法案に本腰を入れている政府ですが、これによって経済効果回復ができるかもしれません。景気回復に向けた施策に、日本国内の家事の解禁に向け議論が活発になり、議員グループにより解禁への推進法案がまとめられています。調査によれば家事の経済効果は7兆円以上になり、2020年の五輪を狙い、インフラ整備や観光地誘致を進めていくことにより、大きな需要を生み出せられると思われます。7兆円以上といった数字が算出された理由に、スロットやゲーム上の設備費用やリゾート施設建設、日本へ旅行射撃増など多面的要素から試算されました。そして、ゲーム産業の試算で、東京や大阪、二大都市といくつか地方都市でカジノができれば、年間4兆円の売り上げを期待できるとの結果が出ています。カジノ効果はとても大きなもので、日本経済が低迷から脱出するためにカジノ経済効果をうまく利用すべきといった声がよく聞かれます。今まで怪しいとされていたカジノ法案をうまく活用できれば、日本も上向きになるはずです。

gotoTop