ランドカジノ大全③

カジノシステムに関して

システム熟知は大事

オンラインカジノを利用する人が多いです。また、カジノはネットカジノで満喫出来るようになりました。現地の施設に入るときは、セキュリティチェックを受けることが多く、準備しておいてください。大きな荷物やペットボトルは持ち込み禁止で、セキュリティチェックの入り口のクロークに預けてください。お店ではパスポート提示だけで無料でメンバーカードを作れ、持ってるだけでもテーブルの掛け金に応じポイントがついて、商品交換に使えます。

カジノに慣れない日本人には、雰囲気だけでも体験したいと思うもの。どれぐらい資金をもっていけばいいでしょうか?最低1万円ぐらい必要です。そして実際遊んだ方の5割は買って帰るというのは、嘘です。元ディーラーから聞いた話で、約9割の方が負けるそう。ギャンブルの中で期待値がとても大きいのですが、どうしてほとんどの方が負けるのかと言えば、実際のゲームを知らずかけて遊んでしまう。予算とゲーム数やプレイ時間に関する負けの仕組みがあるのを知らない。この2つがわかれば、次は負けない方法を考えることに。

オンラインでゲームを実際プレイすれば分かりますが、何ゲームもプレイすれば勝ったり負けたり波があります。そして、プレイ時間が長いほどこの波は上下動を繰り返し、だんだん下降線をたどります。どんなゲームをプレイしても時間を長くするほどプレイヤーが負け、運営側が勝つようになっています。そして楽しむには当然ですが、遊べる予算がいくらかの制限が加わればさらに影響が大きいです。ぎりぎりの予算プレイするには絶対不利ということ。どうゲームの波を把握するかは、数稽古敷かないです。波が来るタイミングも、綺麗な感覚で来るかも定かではなく、これから必ず上昇するはずで、その間予算が限られていれば、持ちこたえることもできません。これは、ミニマムベット3000HKDのテーブルでゲームしようと予算が4千円あれば、一度しか別途できず負けても3000円。ですが、もし8000円なら、2回別途できて、チャンスも2倍ですから勝率が上がるということ。なので予算が多いほどいいということではなく、実践的ゲームをこなしていけば自然と感覚をつかめたり、日々ゲーム感覚を養ってる方がいます。負けない人は、そうしたゲームの波の浮き沈みを体でおぼえ好調の波が下がってると思ったら食事をとったり、その日のプレイをやめたりします。この経験がゲーム波を把握する大事なことになって、負けない方は経験的に好調の波が出る頻度など知っていて、負けを最小限にする行動をとっています。

お得意様は、大金を使ってくれる方で、そうした人を集客するためあの手この手を考え待ち構えてます。これに乗るかどうかはプレイヤー次第で、良さそうな話に冷静に対処しないと痛い目にあったりします。日本円のままかけることはできず、ゲームするにはチップ購入することが必要。そして、香港なら、香港ドルへ両替しなくてはならず、その時手数料を取られます。運良く買っても日本円に戻すのに手数料がかかり、そこに運営側が目をつけ0円にしますといった特典で、これをホールドシステムと呼びます。もしも40万の予算があって日本円を香港ドルにするとその時点でのレートによりますが、36000HKD。楽しく遊びプラスマイナス0で終了して、残った36000HKDを両替すれば、通常なら36万にしかならず、4万損をすることに。これはもったいないですが、ホールドシステムは36000HKDは40万にそっくり再交換してくれます。どうしてタダにできるかと言えば、実際キャンペーンなど特典で、お得感もありますが、ほとんどのプレイヤーが再好感荷のないのが現実。

カジノ側は通常の日本円を香港ドル両替する手数料をあらかじめ差し引くことになって、運営側の儲けになります。ですが、このシステムを使うには、大金を準備する必要があることがデメリット。まず10000HKDをパイインし、ゲームをすすめます。そのチップでかける額が30000H?Dで1泊無料といった特典がコンプ。これはプレイヤーのメリットですが、デメリットもあるということ。コンプ獲得のため調子が悪くてもかけ続ける。コンプ条件はホテルごとで違っていて、限定チップの購入もあり場所を買え遊べないなど。高階層で1泊4~8万の有望な部屋を無料宿泊できお得ですが、これもコンプの罠か、その代償は大きいと体験者は言います。そしてどう勝負するかですが、いろいろなノウハウの中で運をいかに呼び寄せるかを説明しますが、運やツキをどう呼ぶかで勝敗が大きく分かれます。これらを呼び寄せられれば、私たち人生の中で富谷製鋼まで手に入れられます。オカルチックな方法ですが、宿泊は快適なホテルで睡眠をしっかりとれば生命力が回復して運をしっかりためられます。そしてプレイを続ければ運が下がってきますから、適度な休憩は欠かせません。

gotoTop