ランドカジノ大全④

海外カジノ選びに関して

カジュアルにカジノを楽しむならマカオがおススメ!!

旅行先で楽しみたい事の1つにカジノを組み込む場合には、どのようなスタイルで楽しみたいかによって選ぶ国が変ってきますが、気軽にカジノを体験したいのであれば、カジノとして最も有名なラスベガスよりもマカオの方がおすすめです。

マカオのカジノの特徴はなんといってもカジュアルなスタイルであることです。ヨーロッパのカジノで必要とされるようなドレスコードなどもなく、旅先の普段の服装のままでの入場が可能です。ただし、このエリアの土地柄として冷房がしっかり入っている場所が多いので、寒さに配慮した服を用意しておくことは必要かもしれません。入場料についても基本的に無料ですので、カジノでゲームに参加せず雰囲気だけを楽しむこともできます。また、カジノによっては観光客よりも地元の人が多いところもあり、そのようなカジノの方が最低の掛け金を低く設定しています。そして、基本的に最低の掛け金は土曜・日曜より平日の方が低く設定されています。ですので、ゲーム感覚で少しカジノを体験してみたいというような人の場合には、事前にそのようなカジノを調べておいて訪れるようにしましょう。

カジノでのゲームにはさまざまなゲームがありますが、初めて挑戦するなら「大小」というゲームがわかりやすく簡単なのでおすすめです。大小は箱に入れた3つのサイコロの目の数を当てるゲームで、一番簡単な参加の仕方はその名前の通り、さいころの目の合計が大(11から17)か、小(4から10)のどちらになるかを推測します。そして、その予想が当たれば倍率を付けてチップが返され、外れれば没収されるというシンプルなルールですので、慣れない人にも参加しやすいゲームだと言えるでしょう。また、どのカジノでも人気あるのゲームになっているのが「バカラ」です。バカラはプレイヤーとバンカーにカードを配り、どちらのカードの合計数の数字下一桁が9に近いかを予想するゲームです。どちらのゲームも細かいルールがありますが、旅行先で少し楽しむくらいなら前述のような基本ルールだけを知っておけば良いでしょう。また、日本でもよく見かけるスロットマシーンやルーレットなども、ほとんどすべてのカジノにありますので、好みや参加スタイルによって選択してみてはいかがでしょうか。

次に、マカオへのアクセスについてですが、方法としては主に2つの方法があります。1つは日本から飛行機の直行便で向かう方法で、成田からなら5時間弱で到着することができます。それに加えて、このルートの直行便には座先数が180席程度の小型の飛行機を使っているため、入国審査や荷物の受け取りなど際にも混み合うことがなく、短時間で空港手続きを終えることが可能です。また、ほとんどのホテルがタクシーを利用した送迎のサービスを行っており、空港からのアクセスが良好ですので、快適に宿泊先までの移動を行うことができます。

一方、もう一つの方法は香港からフェリーなどを利用してアクセスする方法です。香港からは香港島・上環や九龍半島・尖沙咀などの港からフェリーが出ており、海上での所要時間45分ほどで港に到着できます。そして、港にはホテルが用意したリムジンバスが待機していますので、こちらもタクシー同様、快適な移動が可能です。どちらのアクセス方法も路線バスなどを利用しないため、旅慣れない人にも向いていますが、よりアクセス時間を少なくしたいのであれば直行便利用を、香港での観光なども盛り込みたい場合にはフェリーでのアクセスを選択すれば良いでしょう。

また、カジノを訪れる時間帯にも触れておきたいと思いますが、基本的にカジノは24時間営業なのでいつ訪れても問題はありません。例えば、昼間は香港などで観光やショッピングを楽しみ、夜になってからフェリーで移動し、カジノを楽しむといった方法も可能です。海外では夜の外出に大きな危険が伴う場合が多いのですが、このエリアにおいては観光産業が経済のほとんどを支えているので治安維持に力が注がれています。中心部には多くの警察官が巡回しているため、比較的安全に過ごすことができ、女性だけで訪れることもできます。ただし、スリやひったくり、置き引きといった軽犯罪や、偽物のブランド品販売などの詐欺、「必ず儲かるカジノがある」と非合法なカジノに連れて行かれたりするような事件は起きていますので、あまり羽目を外し過ぎないようにすることが必要です。最後に初めて行くカジノとしておすすめできる、リスボアホテルのカジノを紹介したいと思います。このホテルのカジノは有名な日本の小説にも登場することでよく知られていますが、先に述べたように最低の掛け金が低く、庶民的な雰囲気なので多くの観光客が訪れる場所となっています。また、近年には向かいにグランド・リスボアと呼ばれる大型のカジノとショーを楽しめる施設も完成しましたので、カジノとエンターテイメントを同時に楽しむこともできますよ。

gotoTop