カジノ合法化に向けて

日本でカジノ解禁されたら?

日本に来る外国人観光客の増加

オンラインカジノはこれからの時代を切り開く救世主になります。ネットカジノはまだまだたくさんの可能性を持っています。2020年開催予定の東京五輪に向け法案が成立する見込みですが、法案成立したら、解禁され日本にはメリットがあるのでしょうか?

今の日本は経済成長がよろしくない一方、アジアの経済成長は著しくて、海外に富裕層がとても増えている現実があります。なので、日本はその外貨を何とか手にしたいといった思いがあります。そこで法案の登場。日本に来る外国人観光客も多数見込まれ、それに合わせ解禁したいそうです。日本政府の目論見は、解禁されれば富裕層が沢山お金を落としてくれて、売り上げで大きな税収を見込みめるということ。逆に法案成立でどういったデメリットがあるのかと言えば、まずは日本のギャンブル依存症で、法案成立したときもカジノ利用は認めない方向で話が進んでます。そしてパチンコはどうしていいのかと思います。

法案成立すれば、パチンコ、スロットの機種も導入されるケースもあり、日本はカジノ運営実績がないので、運営は類似業界のパチンコ業界に任せるうわさもあります。法案が通り仮にパチンコ業界が運営することになれば、ますます民団経済力が強化されて、スポンサーとしての発言力も大きくなって外国人参政権へ流れが加速するのではと危惧してます。政治情勢の変化もあって、国会で銀立法の成立を目指した統合型リゾートの整備を促す法案は廃案になりましたが、来年通常国会で再度提出されるといわれ、今後もますます注目されています。

IRは周辺産業へ波及効果が大きくて、利益の源泉となる事業であり、外資誘致メリットがすくなくリスクが大きな分野。先進国はIRや運営を自国企業が担います。シンガポールは運営を外資事業者に依存した先進国唯一の国。そしてシンガポール以外にIRを外資に依存するケースは多くあって、運営マネジメントを外資に委託して、売り上げ配分をする契約。ですが、こうした国でも多くは自国企業が所有の大半を確保していて、運営を外資に依存した国の特徴は自国経済規模やカジノの潜在市場が小さい、IR構築に関する自国産業が未成熟など条件をそろえること。これは明らかに日本は当てはまらないです。

そして世界最大のマーケットであるマカオは6つのコンセッションの中で3つが米国系に付与されましたが、拡張計画の許認可運用など考慮すると、実質的に中国資本の影響はコンセッションの割合以上に強いです。オンラインの運営は、ライセンスが必要で、これは世界各国政府から、直接発行されたライセンスをもって合法的に運営され、これを取得するにはとても厳しい審査がされて、多くの時間や労力が必要になります。もし不安ならライセンスはどこが発行してるか、その会社名は有名か確認してみましょう。ライセンス発行国はフィリピンやカナダなど。ランドカジノのディーラーは、不正、いかさまなど特定の親しい人だけ勝たせているイメージがあります。ですが、これは絶対ありえません。

そして、ディーラーは日本の銀行以上の厳しい管理下で店舗に一歩足を踏み入れれば、チップは現金なので、扱い方や配り方まで徹底した教育がされます。諸外国はディーラーの養成専門学校もあって、ゲームの勝ち負けが、そのディーラー給料に反映されることはないです。じっさいラスベガスなどにいったことがあれば、天井に複数監視カメラがあって、ディーラーの動作がセキュリティ部門により厳しく管理されています。そして外国はディーラーもライセンス免許制になっていて、不正すれば、職を失いますから、わざわざ自分からリスクを冒して不正をする方はいません。

オンラインの中でも人気あるのが、スロットです。日本のパチスロみたいなイメージがありますが、目押しできず設定がどうということは全くないです。すべての方が同じ条件で公平にジャックポットが当てられます。それはランダム・ナンバー・ジェネレーションシステムのおかげ。これは世界で共通して使われているもので、これも不正できないように厳重チェックされています。覆面捜査官が不定期チェックしていて、運営側も不正ができないみたいで、不正を行ってライセンスはく奪されるのをしてまで、不正するところはありません。オンラインで初めて5日目でジャックポットが出た方もいれば、5年ぐらいやってやっと出た方もいて、人それぞれ。オンラインのものはネットを代表するオンラインゲームへ成長しましたが、1995年からサービスされて、そうした長い歴史で右肩下がりの時期もありました。今のオンラインは様子を見てる限り、右肩下がりの時期があったと考えにくいですが、ネットそのもののイメージがよくなかったことも関与してます。サービスが始まった1995年はネット自体アングラサービスといったイメージがあって、提供されたサービスは今と変わらず面白さにあふれるものばかりでしたが、アングラ感のせいで普及できなかったのです。ですが、ジャックポットをはじめとするゲームにより一攫千金ねらえて、運営方針も見直されいいイメージになりました。

gotoTop